本文へ移動
0
1
5
2
5
7

お客様本位の業務運営方針

お客様本位の業務運営方針

経営理念

~『すべてはお客様のお役立ちのために』質の高い商品およびサービスをお客様にお届けします~

上記を経営理念として、お客様・地域に貢献すべく業務及び人材育成に長年取り組んでまいりました。

今般、金融庁から発表された顧客本位の業務運営に関する原則を踏まえ、さらなるお客様貢献、地域貢献に邁進すべくお客様本位の業務運営方針を策定し公表します。

また、当該方針に係る取組状況を定期的に公表し、より良い業務運営を実現するため、定期的に見直しを実施します。

 

方針1

お客様の最善の利益を追求します。

取組

 お客様の多様なニーズや個々のご意向を正しく把握し、様々な保険商品の中から専門知識に基づき最適な商品を提案するよう努めます。

 お客様にとって不利益な商品が販売されることのないよう、各保険商品の改訂並びに新商品販売の際に商品の比較研究を行い、お客様に対して誠実・公正な業務を行い、お客様の最善の利益を追求します。

 

方針2

お客様にふさわしいサービスを提供します。

取組 

① お客様の意向を確認した上で、まず、お客様のライフプラン等を踏まえた目標資産額や安全資産と投資性資産の適切な割合を検討し、それに基づき、具体的な保険商品の提案するよう努めます。

当社では70歳以上のお客さまを高齢のお客さまと定義し、高齢のお客様に対して保険商品の販売・推奨を行う際には、複数回面談の全件実施を行うとともに、ご理解いただけるように分かりやすい説明をこころがけるとともに、当社のルールに基づいて原則親族の方を交えた募集を実施します

③ お客様を長期的にサポートするために、個々ではなく組織としてサポート・アフターフォローできる体制構築する事により、お客さまがいつでも安心してお問合せ・ご相談いただけるようお客様データ管理の徹底へ取り組みます。

 

方針3

お客さまへの重要な情報を分かりやすく提供します。

取組

① 取扱する保険商品の内容について、保険の仕組みや保障内容、保険料およびお客様に影響のあるリスクをお客さまの属性に合わせてわかりやすく説明しています。特に変額保険や外貨建保険など特定保険商品に該当する商品についてはより時間をかけ、特有のリスクや特別に発生する費用についても丁寧な説明を行います。 


 特定保険商品(変額保険)については将来にわたる断定的な判断は行わず、過去の実績やお客様の希望投資対象の予想リターンや予想リスクについてお客様のご経験・特性に合わせてわかりやすい言葉で説明します。特定保険商品(外貨建保険)についても将来にわたる断定的な判断は行わず、過去の為替動向や為替リスクなどについてお客様のご経験・特性に合わせてわかりやすい言葉で説明します。
 
変額保険や外貨建保険等の特定保険商品の販売の際には、またお客様が負担する手数料その他の費用の詳細について、

・変額保険の場合は特別勘定運営費用や信託報酬などの運用関係費用や保険関係費用について
・外貨建保険の場合は保険契約の締結や維持・保障に関する費用や為替手数料について
 お客さま顧客が負担する手数料その他の費用の詳細を、どのようなサービスの対価に関するものかを含め、顧客が理解できるように商品パンフレット等を使用して情報提供します。

 

方針4

利益相反の適切な管理をします。

取組
① 当社は保険の販売の対価として保険会社から手数料を受け取っておりますが、お客さまにご提案する商品については手数料の多寡とは関係なく、お客さまのご意向に合わせた商品を提案する方針です。これらが適切に行われているかどうかを責任者が募集の記録を全件チェックし、月に1度の経営会議の場で不適切な提案がされていないかどうかの検証と報告を実施することにより、お客様の利益が不当に害されることのないよう、利益相反の可能性のある取引について正確に把握し、防止できる保険募集を遵守していくよう従業員教育と管理体制の整備をします。

 

方針5

従業員に対する適切な動機づけの枠組み等を整備します。

取組

① 法令等遵守・募集品質の向上のため、社内規定(マニュアル)・コンプライアンス研修を月次で実施します。

 社外研修に積極的に参加できる環境を整え、社員の教育を充実します。

③ 全ての社員が目指すべき方向性として、経営理念・事業計画・お客様本位の業務運営方針を周知し、実施するよう努めていきます。

  

※ 当社は乗合保険代理店であることから、当社が取り扱う商品は、各生命保険会社および各損害保険会社から販売されている商品のみとなります。お客さまのご意向に合わせた商品を当社取扱商品の中からご提案させていただくため、複数の金融商品・サービスについて、当社が独自にパッケージとして販売・推奨を行うことはありません。また、当社は乗合保険代理店であることから、保険商品および金融商品の組成には携わっておりません。   

                                                                              制定日 2020年3月
改定日 2021年12月
株式会社 野田総合保険
代表取締役 野田 貴嗣
社員一同
 






当社は金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」(以下、原則)を採択し、「お客様本位の業務運営方針」(以下、当社方針)を当社ホームページにて公表しております。
原則と当社方針との関係は以下の通りです。
原則の詳細につきましては、金融庁ホームページにたご確認ください。(https://www.fsa.go.jp/policy/kokyakuhoni/kokyakuhoni.html )
原則
対応する当社方針
〔顧客本位の業務運営に関する方針の策定・公表等〕
原則1
序文
〔顧客の最善の利益の追求〕
原則2
当社方針 1-① 1-② 5-① 5-②
(注)
当社方針 2-① 2-② 2-③
〔利益相反の適切な管理〕
原則3
当社方針 4
(注)
当社方針 4
〔手数料等の明確化〕
原則4
当社方針 3
〔重要な情報の分かりやすい提供〕
原則5
当社方針 3
(注1)
当社方針 3
(注2)
非該当(※)
(注3)
当社方針 3
(注4)
当社方針 3
(注5)
当社方針 3
〔顧客にふさわしいサービスの提供〕
原則6
当社方針 2-① 2-② 2-③
(注1)
当社方針 2-① 2-② 2-③
(注2)
非該当(※)
(注3)
非該当(※)
(注4)
当社方針 2-① 2-②
(注5)
当社方針 2-② 5-① 5-②
〔従業員に対する適切な動機づけの枠組み等〕
原則7
当社方針 5-① 5-② 5-③
(注)
当社方針 5-③
TOPへ戻る