従業員の保障

(1)退職金対策として

従業員の退職金には、中途退職時や定年時に支払われる生存退職金と、死亡時に支払われ死亡退職金の2つがあります。
従業員の退職金は、福利厚生の代表格であり、従業員のモチベーションの向上や安心した職場環境に大きく寄与しています。
しかし、会社に十分な資金がなければ、退職金を支給することはできません。
一時的に多額な費用が発生した場合でも、安定した事業活動ができるように、従業員の退職金対策の資金を準備していくことが必要です。

 
  • 長期平準定期
  • 養老保険
 
(2)従業員の福利厚生・災害補償対策として


従業員の勤務災害補償や福利厚生対策としての準備ができます。

 

 

  • 傷害保険

取扱保険会社

取扱保険会社