事業保障対策


中小企業のほとんどは、経営者の信用で成り立っています。
経営者に万が一のことがあった場合、会社の信用力が低下し、金融機関より借入金の返済を求められることがあります。
さらに、円滑な事業承継ができなければ、従業員に不安を与える等、経営に支障が生じることがあります。
しかし、会社に十分な資金がなければ、借入金の返済や円滑な事業承継を行うことはできません。

万が一のことがあった場合でも、安定した事業活動ができるように、また、社会的信用の裏づけとして、事業保障対策の資金を準備していくことが必要です。

必要保障額の目安
事業保障対策資金={人件費・その他固定費(月額)+借入金}×○カ月(経営が落ち着くまでの期間)+一括返済の必要な借入金・営業債務

 

 

法人の事業保障資金をカバーできるだけの高額保障を基本に考えられます。
いつ起こるともわからぬ経営者の死亡に備えた長期にわたる保障が必要です。

 

 

  •  定期保険

取扱保険会社