本文へ移動
0
0
4
9
6
4

事業者の事業承継・相続準備

多くの経営者の財産は、自社株や不動産が大半を占めています。
経営者に万が一のことがあった場合、残された家族に高額の相続税がかかることがあり、事業承継に支障が生じることがあります。
特に自社株は、予想以上に評価額が高くなり、相続税が高額になる要因の一つです。
そこで、家族が相続した自社株を会社が買い取り、その買い取り資金を相続税に充てることがあります。
しかし、会社に十分な資金がなければ、自社株を買い取ることはできません。
万が一のことがあった場合でも、円滑な事業承継や相続ができるよう、事業承継、相続税の納税資金を準備していくことが必要です。

insurance_houjin_point_2 
 

経営者が万一の場合の自社株の評価は相続税の定めるところによります。その評価が高い場合は、後継者等の相続人に多額の相続税がかかります。
保険商品で買取資金を準備する場合、受取保険金には法人税がかかりますので、納税準備資金を準備する必要があります。

 

insurance_houjin_products_2

 

  • 長期平準定期保険
  • 逓増定期保険
※ 本記載は、2016年1月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。
   税務上の取扱が税制改正等で変更となることがありますので、ご注意下さい。
   また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談下さい。

取扱保険会社

TOPへ戻る